F A Q

■浴室テレビ壁掛タイプと埋込タイプの違い。(詳しくは寸法図、資料をご覧ください。)

壁掛タイプ大画面液晶浴室テレビの壁掛タイプインテリア性豊かなデザインの壁掛シリーズ
大掛かりなリノベーションの必要がなく、壁面には配線用内径Φ30mm~50mmの開口と本体固定用のビス穴4箇所以上を開けるだけで取付することができます。
埋込タイプ大画面液晶浴室テレビの埋込タイプシンプルながら飽きのこないデザインの埋込シリーズ
本体の一部を埋込む為、壁面を大きく開口します。厚さ25mm(全シリーズ)しかなく、飾られたアートのように浴室空間に溶け込みます。新築などは多くご利用されています。

■浴室テレビはどこから音がでるのですか?

浴室テレビ本体にはスピーカは内蔵されておりません。 天井に取付する、埋込形の防水スピーカが2個(ステレオ仕様)付属されています。

■浴室テレビを自宅の浴室に設置したい場合どこで購入すればいいですか?

浴室テレビの設置には天井裏などでのケーブル配線等の電気工事が必要となります。
お近くの電気店かご自宅を施工された工務店などにご相談ください。

■浴室テレビのデジタル放送対応について

全機種、地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタルチューナーを内蔵しています。
受信チャンネル:地上デジタル011~528ch(CATVパススルー対応)/BS001~999ch/110度CSデジタル000~999ch

■浴室テレビでBSデジタル/110度CSデジタル放送を受信するのは。

BSデジタル/110度CSデジタルを受信するのはBS・110度CSデジタル放送共用のアンテナ(市販品)が必要です。
従来のCSアンテナやBSアナログ用アンテナでは受信できません。

■浴室テレビでWOWOWやスカパー!などの有料放送をみるときは

有料放送を視聴するには、スカパー!などの各プラットホーム(運営会社)や放送局との視聴契約が必要です。
※くわしくは、各有料放送会社にお問い合わせください。

■浴室テレビの地上デジタル放送をケーブルテレビ(CATV)で放送している場合

浴室テレビで受信できるケーブルテレビ(CATV)の方式は周波数変換パススルー方式を受信できます。
トランスモジュレーション方式の場合、ケーブルテレビ専用受信機を介して視聴できます。その際の接続は
浴室テレビの外部入力(HDMI)になります。

■浴室テレビのB-CASカードはどこにセットされているのですか?

B-CASカードは製品内部に装着されています。カード番号は設定メニューから確認できます。
B-CASカードは、デジタル放送を見るために必要なICカードです。
デジタル放送の著作権保護の仕組みでは、このカードを利用するため、B-CASカードを入れないとデジタル放送を見ることができません。
B-CASカードには、それぞれ固有の番号が付いており、デジタル放送の有料放送を視聴するときに利用されます。

■浴室テレビでペイパービュー(PPV)機能は使用できますか?

ペイパービュー機能は使用できません。

■浴室テレビはデータ連動放送は視聴出来ますか?

浴室テレビ本体の操作パネルではデータ連動放送に関しての操作項目がありません。 防水リモコン(SBT-RM4)での操作で可能です。

■浴室テレビのB-CASカードは登録しないといけないのですか?

B-CASカードのユーザー登録の”有無”と”放送受信”については、直接の関係はありません。
(B-CASカードを本体に挿入していれば、登録していなくても視聴は可能です。)

■浴室テレビで双方向通信は可能ですか?

双方向通信は使用できません。

■浴室テレビでLANの接続は可能ですか?

LANでの接続は使用できません。

■浴室テレビの画面比率について

アスペクト比16:9です。

■浴室テレビのチャンネルスキップ機能について

個別設定(受信/スキップ)・・・ 可能
テンキー登録変更(1~12) ・・・ 可能

■浴室テレビ、リモコンの防水レベルはどれ位ですか?水中での使用は可能ですか?

JIS保護等級においてIP66相当の防水設計です。
水中などの使用はできません。

■浴室テレビの本体システムケーブル長が8ⅿとあるが延長可能ですか?

システムケーブルの延長はできません。 システムケーブルを市販のケーブルなどで延長、切断はおやめ下さい。
(保証及びサポート対象外となります。)

■浴室テレビの接続ユニットは防水ですか?

接続ユニット、専用電源、設定用のリモコンなどは防水ではありません。 設置、保管などのさいは水などのかからない場所でご使用ください。

■浴室テレビの防水レベルはどれ位ですか?水中での使用は可能ですか?

JIS保護等級においてIP66相当の防水設計です。水中などの使用はできません。

■浴室テレビの普段のお手入れについて

本体はステンレス、全面にはガラスを採用している為、研磨剤入りのクリーナー、ベンジン、シンナー などは使用しないで下さい。中性洗剤などを使いお手入れください。 ご利用後などに水滴を残さないように乾拭きしていただくと美観を維持しやすいです。

■サウナ/露天風呂などで浴室テレビの使用は可能ですか?

高温(50℃以上)になる環境、サウナ、スチームサウナ、岩盤浴、露天風呂、屋外から直射日光のあたる場所などの室温が高温になる可能性のある場所では使用できません。但し50℃以下でも長時間(約90分以上)での使用はできません。
例 
家庭用ミストサウナ ○
温泉、スパなどの業務用ミストサウナ ✕

■浴室テレビの取付位置や設置環境について

浴槽上面から100mm~250mm程度ははなす。
入浴したときにモニターが目線の高さ、見やすい位置合わせて決めてください。
(取付位置はあくまで推奨です。取付壁面構造、他器具や壁内配管などに干渉しないよう、取り合いにも十分きをつけてください。)
下記の場所は取付できません。  
・浴室乾燥器からの温風が直接あたり、高温になる場所。  
・給湯栓、シャワーなどの湯が直接かかる場所。
本体モニター      使用温度範囲 + 0℃ ~ +50℃
天井防水スピーカ    使用温度範囲 -10℃ ~ +50℃

■在来工法の浴室に浴室テレビの導入は可能ですか?

導入ケースは多数あります。設置先により条件がことなりますので、施工説明書をお読みになり設置場所についてお調べください。(製品の設置場所、システムケーブルの配線経路など)

■外部機器を接続して視聴する場合、浴室テレビはどのように接続するのですか?

浴室テレビの外部入力(HDMI)で外部機器(BD/DVDプレイヤーなどのHDMI出力端子搭載機器)を接続して視聴できます。
HDMIリンク機能に対応しているBD/DVDプレイヤー等では防水リモコン(SBT-RM4)で簡易(再生・停止・一時停止・早戻し・前・早送り・次)操作ができます。 ※全ての機器の動作、ボタン操作を保証するものではありません。